師匠と呼ばせてください!

 免許取って数日、バイク乗って数日の超初心者である旨を伝えると、「二人だけみたいだし、のんびりゆっくり行きましょう」とナベさん。アマチュアレーサーとしてサーキットで走っていたが、体力も衰えてきたのでのんびり走りたくなってハーレーを購入したと言う。ナベさんの愛車は、年式こそ違え偶然にもブラックボブ号と同じ黒のFXDB。しかし、見た目がかなり違う。ハンドルもマフラーも違うし、車高も低い。お〜、かっこいい。これがカスタムっちゅうやつか!ドノーマルのブラックボブ号がなんだかかわいそうに思えたが、こちとら走るだけで精一杯。格好なんて二の次である。

 171号から茨木の林道へ入る。後ろから見るとナベさん、のんびり走っているように見える。すっーと倒れ込んでほんまきれいに曲がる。そのライティングテクニックに惚れ惚れするも、僕は上半身に力が入ってオーバーランの連続。

 そうこうするうちに元来、気の短いナベさん。あまりの鈍くさにしびれが切れ、ヒュイ〜ヒュイ〜とあっと言う間に見えなくなった。で、道路が分岐するところで一服しながら僕を待っていてくれるのである。

 茨木から能勢を走り、武庫川沿いを通って、今はなきライダーズハウス「オレンジ」へ。カレーを食いながら、「バイクとは」を聞く。

「バイクの醍醐味は、カーブとすり抜けです!」とナベさん。

 し、し、師匠と呼ばせてください!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村