読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東吉野方面にはまりまくる

どうも東吉野方面にむちゃむちゃはまってしまったようだ。ママちゃんは、針インターが超お気に入り。本日もクルマを飛ばして、野菜の買い出しに向かった。今回の予定は、針インターを徹底的に調査すること。ハーレーを購入以来、何度も訪れているが、いつもトイレ休憩で終わっており、缶コーヒー飲みながら、試食品の焼き栗を食うくらい。じっくり見たことがない。前回、初めて訪れたママちゃんが言うには、針インター内に野菜売り場が2つあり、外にも1つあるとか。そんなもん、全く記憶にない僕は半信半疑。しかし、ちゃ〜んとありました。「スーパー命」のママちゃんは3つとも回りたそう。めんどくさ〜、と思いながら、例によって、んなことを言おうものなら、ミンチにされて神崎川に沈められるのが見えているから、じっと耐える。キャベツ230円、大人の頭よりデカい。大根、柿、芋類等、重量級をガンガンかごに掘り込む。両手で重たそうに持ちながら、ママちゃんの後を追いかけると、「そこにカゴを置いて待機!」の指示。おらぁ、犬か〜。どうにか2ヵ所で勘弁いただき、インター内の天理ラーメンでスタミナラーメンを食う。ニンニクたっぷり、味イマイチ。

一息ついたところで、「あの〜、うだ・アニマルパークに行ってみたいねんけど〜」とご相談すると、珍しく乗ってきた。

クルマを飛ばすこと約20分。保健所や動物愛護センターを併設する県営の「うだ・アニマルパーク」は牛やヤギ、うさぎやブタなどに触れ合える施設で、なんと、入場料・駐車場ともに無料。絶好の行楽日和の日曜日であるにもかかわらずガッラガラ〜で、知る人ぞ知る施設のよう。これはもったいなさすぎです。お勧めします!

f:id:st-bob:20141016152834j:plain

f:id:st-bob:20141016152833j:plainf:id:st-bob:20141016152836j:plain

だいたい子ども連れがほとんどで、老人はマゴ付き。高齢アベックは僕たちのみ(たぶん)。で、展望広場には長〜い滑り台があるのだが、当然のごとく子どももしくは子どもを抱いた親御さんしか遊んでいない。が、どこにも年齢制限の類いは書いていないため、モチのろんでチャレンジ。

 

f:id:st-bob:20141016152835j:plain

結果、後悔することになる。摩擦でケツがやられた。尾てい骨の皮がめくれ、痛い痛い(泣)。段ボール持参で行かれることをお勧めする。