ローランドサンズデザインのグリップ

f:id:st-bob:20151228161116j:plain

純正からローランドサンズデザインのグリップに替えて半年が経ちました。グリップエンドにはRSDのロゴがついており、実にかっこよろしいのですが、最近、ちょっと失敗だったかな〜と思うことがあります。
やはりアルミ製。冬場は冷たいです。冷え冷えの早朝なんぞは、グローブなしではとても握れませんし、走行中は電熱グローブでなくてはとてもとても…。

さら〜に。先日は走行中に、あれ?あれれ?ってな感じで、左手から急に力が消えていきます。左手の握力がハンドルに伝わらず、かな〜り減速しないと、カーブが曲がれません。

そう、グリップのネジがゆるみ出したのです。ついには、スポッ。抜けてしまいました。

そういえば、グリップ交換したときに、ディーラーが言っていました。
「これ、常に持っといてね〜」と。
この歯間ブラシみたいな、ちっこい六画レンチ。

要は、左側のグリップは、小さな二つのネジでバーを締め付けているだけなんです。しばらく走行していると、だんだんとゆるみ、スポッとぬけちゃうわけです。

走行中に抜けると危ないので、それからは走る前に締め付けていますが、ものぐさの僕にとっては実に煩わしいグリップです。

かっこよさと利便性は反比例するものなのですね〜。

 

f:id:st-bob:20151228161208j:plain

このちっこい六画レンチは必需品。常に携行しておかないとヤバいです。

 

f:id:st-bob:20151228161309j:plain

走行中にこんなことになったら、あ〜ら、大変。

 

f:id:st-bob:20151228161352j:plain

要は、2本のネジでハンドルバーをはさみ付けているだけなので、緩んできたら、締め付けてやれねばならんのです。

 

かっこいいけど、めんどくさ〜。